こんな人はデリヘルに失敗します。

ほんの一部ですが「失敗例」をご紹介します。

◆デリヘル業界を馬鹿にしている・甘く見ている人は失敗します。

「デリヘルって儲かるんでしょ?」的な考えで始める方は失敗します。開業し軌道に乗るまでにはそれなりの資金も必要ですが、日銭が入ってくるのを運転資金に回せると思う方、店を開ければ客が付くなどと甘く考えている方、何事も上手く回らなくなると他人の責任にする方など。結局閉店の道が待っているだけです。


◆店長を雇って、その人に運営を任せようとしている人は失敗します。
店舗運営が軌道に乗っていないうちから人任せでは…。
このパターンはほとんど内部分裂を引き起こします。店長は実際に営業面を全て賄っていたので、コンパニオンさんともコミュニケーションがとれています。ノウハウも全てあるわけです。
自分でお店を起こした方がもうかりますよね?


◆知人と共同出資でやろうとしている人は失敗します。
Wオーナー制度はかなりの確率で金銭絡みの問題で揉め事になり失敗します。
また、店舗運営方針でも双方の路線の違いが、最初こそ小さいですが、月日を経るごとにその違いが拡がっていき、結果として軋轢へと発展するからです。


※上記はあくまで実例の一部です。この他や詳細についてお知りになりたい方には無料個別ガイダンスでお話しさせていただきます。
お問い合わせフォームはこちら>>