注意!18歳未満の方はご遠慮下さい

ここからの情報は、風俗求人情報になります。 公序良俗に基づき、下記の規約をお守りいただける方のみが閲覧可能となっておりますので、よく読んでご納得の上お問い合わせ下さい。 仕事の強要や、強制的な労働は一切行っておりません。 当サイトの内容をしっかりとお読みいただき、面接にて職務内容を同意された方のみを採用いたしております。

当サイトのご利用規約

コンパニオンの資格 当店のコンパニオンになるためには、下記の条件を満たすことを前提とする。
1.満18歳以上(高校生不可)の日本国籍を有する女性であること。
2.満18歳以上であることを示す公的書類を提供できること。
3.登録内容に変更が生じた場合、速やかに変更手続きを行えること。
4.禁止行為を厳守できること。 5.当社の指示を厳守できること。
禁止行為
1.他のコンパニオンおよび第三者ならびに当社に対し、著作権、その他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為。
2.他のコンパニオンおよび第三者ならびに当社に対し、財産、及び、プライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
3.他のコンパニオンおよび第三者ならびに当社に対し、不利益もしくは損害を与える行為、または損害を与えるおそれのある行為。
4.他のコンパニオンおよび第三者ならびに当社に対し、誹謗中傷する行為。
5.本サービスを使用しての第三者との密会および売春行為、個人情報の漏洩等の行為。
6.公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為。
7.犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為。
8.当店の運営を妨げる行為、または妨げる恐れのある行為。
9.当店の信用を貶める行為。
10.その他、法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
11.その他、当社が不適切と判断する行為。

【池袋で働く】池袋とは

池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっている。 池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。 西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。 池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。 池袋駅から少し離れると、立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。 駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものである。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものである。

池袋の歴史

古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、戦国時代の古文書である『小田原衆所領役帳』(永禄2年・1559年)には「太田新六郎 知行 三貫五百文 池袋」とあることから、中世にはすでに近隣の地名(長崎・雑司ヶ谷・巣鴨・高田など)とともに確立していたと考えられる。 明治に入り、1889年の町村制施行で、巣鴨村の大字となる。 しかし、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯であった。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業である。上野駅〜前橋駅間に鉄道を開業させていた私鉄の日本鉄道が、1885年に官営鉄道(新橋駅〜横浜駅)との接続を目的に、現在赤羽線・山手線(埼京線)となっている赤羽駅〜品川駅間の路線を開業させた。だが、この時には池袋の地に駅は設けられなかった。 その後、1903年に田端駅への支線を建設することになった。この時、当初は目白駅での分岐が想定されていたが、地形の問題で池袋を分岐点にすることになり、池袋駅の開設に至ったのである。だが、駅の外に畑が広がっているという状況はなかなか変わらなかった。 大正から昭和にかけ、東上鉄道(今の東武東上本線)や武蔵野鉄道(今の西武池袋線)なども池袋へ乗り入れるが、これらはどちらも当初繁華街とはいえなかった池袋は起点とせず、当時の繁華街であった神田・巣鴨(市電が1912年には乗り入れていた)への乗り入れを前提としていた。その過程において池袋は仮のターミナル駅として開設されたが、その後の事情でどちらも都心への延伸を断念し、結果として池袋起点となったものであった。この頃は、巣鴨のほかに、白木屋があり王子電気軌道(今の都電荒川線、1911年に開業)と山手線が交差していた大塚駅辺りが繁華街であって、池袋は豊島師範(東京学芸大学の母体のひとつ)や立教大学など、学校が置かれたことから文教地区となっていった。 1960年頃の池袋 1933年に白木屋と京浜急行電鉄が共同で設立した京浜百貨店が1930年代に菊屋デパートの名で池袋駅に開店。そして東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に池袋駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになる。菊屋は1940年に武蔵野鉄道(現西武鉄道)に買収され、武蔵野食糧を開設。武蔵野デパートを経て1949年に西武百貨店と改称した。 また東武百貨店が1962年に本店を開店して1964年に東横百貨店池袋店を買収し、1958年に開店した東京丸物池袋店は1968年に西武百貨店に買収されパルコになった。 新宿、渋谷と並ぶ副都心ではあるがかつての闇市の本場だった事で比較的暗いイメージだったが乙女ロードにより女性利用者が急増しファッションスポットも増加、高野之夫区長が文化事業や街の美化に取り組んだ結果、2013年の住みたい街ランキング3位になる程の人気スポットに変わりつつある。[3] 現在池袋と名の付く地区の大半は、一時期西巣鴨町に属していた。西巣鴨橋という橋が東池袋二丁目に現存する。サンシャインシティは巣鴨拘置所の跡地に立てられたものである。